FC2ブログ
めざせ!特許で一攫千金
誰も言わなかった?特許書類の書き方
リンクフリーです!

フリーエリア

ブログ内検索

プロフィール

めざ特

Author:めざ特
某大学を卒業後、超有名メーカーに就職。
数年後、某特許事務所に転職。
10年以上、特許明細書、意見書などの作成業務に従事した後、退所。
現在に至る。

当ブログはリンクフリーです。

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

特許事務所の貢献で進歩性を確保できるか 
進歩性に疑いのある発明でも、特許事務所に依頼すれば権利化されるだろうか。

 まず第1に、発明の独創性が重要。どう見てもオリジナリティのない発明は、優秀な弁理士に頼んでも権利化は無理だろう。
 第2に、客・発明者の協力が必要。独創性に少々疑問がある程度なら、特許事務所の努力により権利化される可能性がある。裏を返すと、せっかく特許事務所ががんばっても、客が協力してくれないばかりに権利化に失敗するケースがあるのだ。今日はコレについて書こう。
  
 私が特許出願を担当したものの中に、書き方によっては進歩性を確保できそうな発明があった。
 その発明は、どこかで聞いたようなもので独創性に疑問があった。発明の内容を見た瞬間 「ははぁ、A社の製品をパクったな」と感じた。
 これでは進歩性の確保は難しい。そこで、A社の製品にはない効果を発明の中から見出して、それを「発明の目的」として書類を作成した。その書面をクライアントに送付したところ、

  「わが社はこんなことを目的として発明をしたのではない!」

というお怒りの返答があった。

 えぇ、わかってますとも。御社の目的はA社のパクりでしょ?

と、もう少しでそう言いそうになった。 つまりこの客は進歩性の確保に協力してくれなかったのだ。A社の製品にはない目的効果を支柱にしてストーリーを構成すれば、進歩性を確保できたかもしれなかったのに。

 どうも「最初に出願しさえすれば新規制のないもの(例えば発売済みのもの)でも権利化できる」とか、さも難しそうに書類を作成すれば登録されると思っている人が未だに多いらしい。以前にも言ったが、特許庁から「貴方よりも前に出願した人がいるから特許できません」と言われることは稀だ。殆どの特許出願は、進歩性なし(本発明を出願した時点で、よく似たものが既に発表されている)と言われるのだ。これは、出願人が大企業であっても町の発明家であっても大差ない。

スポンサーサイト