FC2ブログ
めざせ!特許で一攫千金
誰も言わなかった?特許書類の書き方
リンクフリーです!

フリーエリア

ブログ内検索

プロフィール

めざ特

Author:めざ特
某大学を卒業後、超有名メーカーに就職。
数年後、某特許事務所に転職。
10年以上、特許明細書、意見書などの作成業務に従事した後、退所。
現在に至る。

当ブログはリンクフリーです。

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕様にこだわる知財
知財担当者の中に、製品の仕様に拘泥する人がいる。発明の実施の形態には直接、特許請求の範囲には関係がないが、その製品の周辺部分を書くことがある。そうした部分も実際の製品の仕様にあわせるように要求するのだ。なぜそんなことをするのかと尋ねると、「将来、補正により製品の仕様にあわないものを特許請求の範囲に組み込むことになったら意味がない」という。

しかし、これは変だ。まず、特許請求の範囲の補正をする必要に迫られるのは、殆どの場合、進歩性を確保するためだ。だが、実施ずみの事項が進歩性の一助になることはまれだ。仮にその補正によって進歩性が確保できたとしても、製品がその仕様から外れたものになる可能性もある。そうすると、その特許は「出願から20年」という天寿を待たずに価値をなくすことになる。

こうしたことに対応するためには、特許明細書(特許請求の範囲を含む)はやはり広く書くことだ。現行の仕様に合わせようとすることは記載を狭めることだ。そうではなく、「(現行ではこうなっているが)異なる態様にしてもいい」と書くことだ。それもできるだけたくさん。なにしろ発生した特許権は、「出願から20年」まで存続するのだから。その間に何が起こるか分からない。

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。