めざせ!特許で一攫千金
誰も言わなかった?特許書類の書き方
リンクフリーです!

フリーエリア

ブログ内検索

プロフィール

めざ特

Author:めざ特
某大学を卒業後、超有名メーカーに就職。
数年後、某特許事務所に転職。
10年以上、特許明細書、意見書などの作成業務に従事した後、退所。
現在に至る。

当ブログはリンクフリーです。

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天下りよりひどい
2回目の事業仕分けが始まった。前回は期待はずれの額に終わったので、今回は厳しく仕分けして欲しいところだ。キャリア官僚の天下り先である独立行政法人のムダ、無能ぶりが槍玉に挙げられているが、私に言わせれば、天下りよりもひどいことが特許庁で行なわれている。

それは、民間から特許庁の審査官になるものがいることだ。これだけならいいのだが、その審査官が、自分がいた企業の特許出願の審査をしているのだ。自分がいた企業に手心を加え、ライバル企業の審査を厳しくしているのでは、と勘繰ってしまう。そしてその見返りとして・・・

常識的に考えれば、十分な忌避理由であろう。専門的な知識の補充を大義名分としているようだが、即刻やめるべきだ。少なくとも古巣の企業の審査・審理はやめるべきだ。

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。