めざせ!特許で一攫千金
誰も言わなかった?特許書類の書き方
リンクフリーです!

フリーエリア

ブログ内検索

プロフィール

めざ特

Author:めざ特
某大学を卒業後、超有名メーカーに就職。
数年後、某特許事務所に転職。
10年以上、特許明細書、意見書などの作成業務に従事した後、退所。
現在に至る。

当ブログはリンクフリーです。

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強大な特許出願
今日からは、今までの説明で抜けていた部分を話します。

 どこが抜けていたか。「進歩性とは」では、特許として登録されるために最も重要な点を説明しました。「発明をしよう」では、儲かる発明の話をしました。

 実は、儲かりそうな発明の特許を取得するだけでは、一攫千金は難しいのです。なぜなら、こうした発明が特許登録されると、多くのメーカーは、ロイヤリティを払うことなく実施しようとするからです。

 具体的には、その特許の請求の範囲の抜け道を探し出し、その特許の美味しい部分であるエッセンスのみを実施しようとするのです。

「ならば、そのエッセンスを請求の範囲に

 書いておけばいいではないか」


 その通りです。ところが、エッセンスを書かせたがらない発明者がいるのです。エッセンスだけの請求の範囲はシンプルで、スカスカの印象があります。こうした請求の範囲を発明者が嫌う場合があります。

 発明者は、その発明品に関してはエキスパートですが、特許に関しては一般に素人です。一方、特許事務所の担当者は、特許の明細書や意見書を通じて特許庁とバトルを繰り返してきた専門家です。

 素人である発明者の言うことに従っていたら、抜け道だらけの請求の範囲になりかねませんし、現になっています。ヒット商品が出るとその類似商品が現れる原因の一がここにあります。

 また「進歩性さえ確保すれば特許を取得できる」と言いましたが、特許庁が意地悪な認定をして登録を邪魔することがあります。例えば「刊行物に記載がないと出願人が主張している構成は、設計変更程度のことだ」とか「進歩性はありそうだが記載が不明りょうだ」とか、特許庁が言い出すのです。

 これは被害妄想かもしれませんが、個人発明家や零細企業ほど、この意地悪を受けるような気がします。(これについては、またいずれ根拠を挙げつつ説明したいと思います。)

 こうした特許庁の意地悪に耐えられる強さと、抜け道を見つけられないほどの広さ(大きさ)をこめて、タイトルを「強大な特許出願」としました。

 「抜け道と広さの関係が分からない」と言う人もいるでしょうから、次回はこれについて説明します。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mezapat.blog103.fc2.com/tb.php/18-568fea13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。