FC2ブログ
めざせ!特許で一攫千金
誰も言わなかった?特許書類の書き方
リンクフリーです!

フリーエリア

ブログ内検索

プロフィール

めざ特

Author:めざ特
某大学を卒業後、超有名メーカーに就職。
数年後、某特許事務所に転職。
10年以上、特許明細書、意見書などの作成業務に従事した後、退所。
現在に至る。

当ブログはリンクフリーです。

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

依頼は発明のパクリ
今回から第2部。心機一転と言う訳でもないが、今回から「ですます調」をやめる。今回から取り上げるブログの内容と合わないし、正直いうと使い辛いのだ。それでは本題。

私がいた特許事務所の顧客の中には、発明をほぼ専業にするクライアントもいた。 ある日、その顧客が、某雑誌の記事を示して「これを出願して欲しい」と依頼してきた。

 いままで当ブログを読んでくれた方ならお分かりだと思うが、発明が雑誌に載った時点で新規性はなくなる。たとえその記事が顧客の製品に関するものであったとしてもだ。けしからんことに、この記事は他社のものだった。いわゆるパクリですな。

 発明を専業にしているのだから、特許の知識もそれなりに持っているはずなのに困ったものだ。私は、記事の発明をそのまま出願するのは良心が痛む。そこで、この客がずぼらなのをいいことに、請求の範囲を少し狭めて出願することにした(本ブログで「広く書こう」と書いたにもかかわらず!)。記事の発明そのものは、どの道、権利化できないのだ。

 ときどき「審査官に見つからなければいい」という人がいるが、誤りだ。確かに審査官は今回の「記事」を発見できないかもしれない。しかし、権利化を阻止したいとか特許を無効にしたいと思う利害関係者は、必死になって件の記事を探し出す。審査請求前に見つかれば、情報提供で審査官にチクる可能性もある。

 話を戻そう。私は当然、出願書類の内容について顧客の了解は得た。「狭めました」とは言わなかったが、言わなくても請求の範囲ぐらいは読むべきだ。因みにこの客、出願後に「請求の範囲が狭い」と苦情を言ってきた(ね、ずぼらでしょ?)。

 後日、件の記事の発明をした企業は、その発明を特許出願していることが判明した。これで、審査官が例の記事を知らなくても、その出願を先願とする拒絶理由などを本件に通知できる。「記事の発明を特許できなかったのは、請求の範囲を狭めためざ特のミスだ」と顧客から見当違いの非難を受ける心配も無くなった。安心安心。

 さて、本件の審査請求をし、その結果が出た。どうなったかは次回。

補足

  「請求の範囲を狭める」と言うのは簡単だが、構成要件を増やしたり外延で限定したりするのは、新規性なしの解消にはなるが、進歩性の確保は難しい。

 だから、私は、狭めつつ新たに課題を解決した。これはサービスだ。大変でしょ? 特許事務所のことを「清書屋」なんて悪口を言う人がいるけど、とんでもない!

 正式には、こうしたことは顧客と相談しつつ進めるべきだが、なにしろパクリを依頼してくるほどクセの強い客なのだ。何を言われるか分かったものではない。「いいから言われたとおりにしろ」と言ってくるかもしれないし「それはいい! ならば、ついでにこんなことも書いてくれ」と的外れの改変を要求してくるかもしれない。どちらも私はゴメンだ。

 私は「いちおう書類を顧客に送付し、了承を得た」ことを免罪符にした。どの道、新規性の無い発明だ。これが特許されたとすれば、新たな課題を解決した私の功績だ。発明者の欄に私の名前を書かせて欲しいぐらいだ。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mezapat.blog103.fc2.com/tb.php/42-ee4e9311
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)