FC2ブログ
めざせ!特許で一攫千金
誰も言わなかった?特許書類の書き方
リンクフリーです!

フリーエリア

ブログ内検索

プロフィール

めざ特

Author:めざ特
某大学を卒業後、超有名メーカーに就職。
数年後、某特許事務所に転職。
10年以上、特許明細書、意見書などの作成業務に従事した後、退所。
現在に至る。

当ブログはリンクフリーです。

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パクった発明のその後
前回の続き。

 審査請求の結果、ご多聞にもれず拒絶理由通知が届いた。案の定、「件の記事の発明」を先願とする「先願あり」が通知された。その他に、件の記事の会社とは別の会社の公開公報を2件つけた「進歩性なし」と、私のうっかりミスによる記載不備が通知された。拒絶理由が3つもあった訳だ。

 私は拒絶理由を解消するための補正を行い、意見書を提出して審査官に反論した。以前にも言ったが、記載不備の解消は、特許事務所から出願したものなので簡単だ。記事の発明を改良したということは、「先願あり」と言われるのを予見して対策したことになるから、これも反論は容易だ(対策していたのだから、本当はこの拒絶理由は来て欲しくなかったのだが)。

 しかし「進歩性なし」は苦労した。拒絶査定を受け、不服審判を請求し、やっとこさで登録にこぎつけた。いちおう私としては職務を果たした格好になった。


 ところで、件の記事の発明も特許出願していたが、これはどうなったのか。実は、この発明は登録に失敗している(パクッた方が登録に成功しているのに!)。 奇妙ではないか。私はオリジナルの方も、十分に登録に値する発明だったと思う。

 何が成否を分けたのか。包袋を取り寄せてないので、オリジナルが受けた拒絶理由などの詳しいことは分からないが、私は粘りだと思う。電子図書館の経過情報によれば、オリジナルも拒絶査定を受けている。これに対する不服審判の番号が載っていないので、拒絶査定を受けて諦めてしまったのだろう。

 もし、このオリジナルの企業が、自社の製品に改良を行なって、私の顧客の特許と同じになると、この特許権を侵害することになってしまうのだ! なんとも理不尽な話だ。

私は、

重要出願なら拒絶査定ていどで諦めるな

と言いたい。また、貴方が重要でないと考え、権利化を諦めても、その下位概念や上位概念を他社が権利化するかもしれない。粘って登録しておけば、実施権を受けることができるし、下位概念が商品化されればそこからロイヤリティをもらえるかもしれない。粘ろう。粘るのだ。

(補足)

 進歩性なしの引用文献として添付された2件も権利化されなかった。こちらは粘るどころか、審査請求すらしなかった。うーん、勿体ない話だ。

 なお、何度も「パクリ」と書いたが、周知技術を改良して出願することは盗みではない。顧客の依頼も当初はパクリだったが、私が請求の範囲を狭め、改良したことによりパクリではなくなっている。

 ところで、「あえて拒絶査定を受ける」という手もある。意地悪な審査官にぶち当たってしまった場合だ。こんなことなら「早く審判官(合議体)の審理を受けた方がいい」という訳だ。

 この場合は拒絶査定の不服審判の際に補正をしない方がいいかもしれない。補正をするとその発明の書類が審判部に送られる前に「その審査官」が前置審査を行なう。前置審査で特許査定が出ればいいのだが、出なかった場合に審査官が出願人に不利な意見(例:後述する反論にキズをつけるような認定)を添付して、審判部に送るかもしれない。すると、その意見が審判官の予断になってしまい、審判を受ける意味が減退する。補正をせずに反論だけをすれば、反論がダイレクトに審判官に伝わる。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mezapat.blog103.fc2.com/tb.php/43-49f6aebe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。