FC2ブログ
めざせ!特許で一攫千金
誰も言わなかった?特許書類の書き方
リンクフリーです!

フリーエリア

ブログ内検索

プロフィール

めざ特

Author:めざ特
某大学を卒業後、超有名メーカーに就職。
数年後、某特許事務所に転職。
10年以上、特許明細書、意見書などの作成業務に従事した後、退所。
現在に至る。

当ブログはリンクフリーです。

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

構成要件の削除2
 前回のように構成要件を削除した場合に、審査・審理が複雑化するとすれば、次のようなケースだろうか。

【請求項1】 Aと、Bと、Cとを備えたことを特徴とするX装置。

に対して審査官が「A、Bはいずれも引用文献に記載がある。これにCを設けることは当業者なら容易だ」として進歩性なしを通知したところ、出願人は「Bが引用文献にあるというのは審査官の誤解だ。AとBだけでも効果はあるから、Cは削除しよう。どうせ、Cを設けることは容易と認定されているし。」と考え、下のように補正したケースだ。

 【請求項1】 Aと、Bとを備えたことを特徴とするX装置。

 この場合は、サーチ対象からCを外して再度サーチが必要かもしれない。だがこれは、(出願人が言うことが正しいなら)「Bが引用文献に記載がある」とした審査官のミスだ。作業が複雑化するのは、自業自得なので甘受すべきだ。

(※削除する側の注意として、Cが請求項から抜けた結果、AとBをズバリ備えた引用文献がヒットする可能性もある。覚悟しておこう。)

 ところで、私は「最後の拒絶理由通知」や拒絶査定を受ける前の段階で行なった構成要件の削除を拒絶されたことがある。構成要件は上記請求項よりもたくさんあって、削除した構成要件も多かった。代わりの構成要件を【発明の詳細な説明】から追加したところ「シフトのさせ過ぎだ」という認定を受けた。

 「構成要件を2個削除するのはOKだが3個以上はダメ」などという運用基準はない。おかしいではないか。本出願においてはシフトを諦めて登録を受け、分割出願をして粘り倒して、ようやく認めさせた。

 くどいが、もう一度言おう。


請求の範囲は広く書くべし。
 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mezapat.blog103.fc2.com/tb.php/56-f65d9d61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。