FC2ブログ
めざせ!特許で一攫千金
誰も言わなかった?特許書類の書き方
リンクフリーです!

フリーエリア

ブログ内検索

プロフィール

めざ特

Author:めざ特
某大学を卒業後、超有名メーカーに就職。
数年後、某特許事務所に転職。
10年以上、特許明細書、意見書などの作成業務に従事した後、退所。
現在に至る。

当ブログはリンクフリーです。

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんですと?
審査官はときどき変な発言をする。その例を幾つか挙げよう。

特許請求の範囲が広すぎる

 当ブログを読んでくださった方ならお分かりだろうが、こんな拒絶理由はない。あえて言うなら「請求の範囲の記載が不明りょう」とか、「新規性がない」だろうか。だが、新規性があるなら、「広すぎる」とは言えないだろう。そんなに広く書いても尚、新規性があるということは、発明者が独創的な発想をしたということであり、発明者の栄誉である。こんなことを言ってくるのは、次の発言と関連があるのかもしれない。

この発明を登録すると、他社が不利になる

 これは殆ど当たり前ではなかろうか。それとも、他社にまったく影響を与えない発明でないと特許できないとでも言うのか。だったら出願する意味がない。他社に真似されるのを防ぐために、ノウハウを公開する危険を冒して出願しているのだ。

擬人法を使うな

 これも理解に苦しむ指摘だ。なぜなら特許明細書には【発明が解決しようとする課題】という項目があるからだ。これは擬人法だ。擬人法を使わないなら「本発明によって解決される課題」とか「出願人が本発明により解決しようとする課題」とするべきだろう。確かに、擬人法により文章が分かりにくくなることはあるが、特許庁が擬人法を使っているのに、これを禁じるのはおかしい。

 幸い、これらを私が直接言われたことはないが、このような発言を見ると、「予断をもって審査をしているのでは?」という疑念がわく。特許したくないのに、有効な拒絶理由が見当たらなくて、ヒステリーを起こしているように見える審査官もいる。ここまでくると滑稽だ。審査基準を満たしているなら、特許査定すればいいのだ。審査・審理は虚心坦懐に願いたい。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mezapat.blog103.fc2.com/tb.php/59-a5ec39b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。