FC2ブログ
めざせ!特許で一攫千金
誰も言わなかった?特許書類の書き方
リンクフリーです!

フリーエリア

ブログ内検索

プロフィール

めざ特

Author:めざ特
某大学を卒業後、超有名メーカーに就職。
数年後、某特許事務所に転職。
10年以上、特許明細書、意見書などの作成業務に従事した後、退所。
現在に至る。

当ブログはリンクフリーです。

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進歩性とは (1)
本ブログでは、進歩性を正面から攻めるのではなく、特許庁が「進歩性なし」をどのように通知してくるのか、そしてそれに対して意見書でどのように反論すればいいのかを見ていきます。 (なぜ進歩性(特許法第29条第二項)が重要かはこちら

今日はまず拒絶理由通知です。
進歩性なしの拒絶理由通知は以下のようなものです。実際には「拒絶理由通知書」の前に発送番号や発送日が書いてありますが、省略しました。


20070821132525.gif



まずA欄。ここには、この拒絶理由通知は、出願番号が特願2003-12XXXXの発明に対して発送されたものであることが示されています。そして適用条文が拒絶理由を示しています。つまり第29条第2項というのが進歩性なしに対応しています。(このA欄にはこの他にも起案日、審査官の名前、出願人などが示されますが省略しました)

進歩性なしとは何ぞや というのがB欄に示してあります。要するに「この発明は、出願前に周知となっている技術に基いて簡単に発明ができたものである」ということです。

その周知の根拠となる刊行物が、E欄に示してあります。引用文献1が特開2001-23XXXXで2001年に公開されたもの、引用文献2が特開2002-34XXXXで2002年に公開されたものなので、本発明が出願された2003年(特願2003-12XXXX)には、いずれも周知であった、と言うわけです。

 ところで、発明は複数の請求項に分けて出願されることが多いです(請求項については後日あらためて説明します)。 そして拒絶理由の有無は、請求項ごとに審査されます。どの請求項に拒絶理由があるのかを示すのがC欄です。この欄にはその拒絶理由の根拠となる引用文献はどれかも示されます。

D欄には、進歩性なしと認定した具体的な理由が示されます。

進歩性なしの拒絶理由通知をまとめると次のようになります。

 1.進歩性なしは各請求項に通知される

 2.出願前に発行された刊行物が示される

 3.その刊行物に基いて容易に発明できたと

  認定される


こうした拒絶理由通知に反論するには意見書を提出します。これについては次回。 

補足

 本ブログでは条文番号をできるだけ使わないつもりだったのですが、進歩性は超重要なので特許法第29条第2号は示しましょう。

「特許出願前にその発明の属する技術の分野における通常の知識を有する者が前項各号に掲げる発明に基いて容易に発明をすることができたものであるときは、その発明については、同項の規定にかかわらず、特許を受けることができない」

 前項とか各号とか出てきてしまったので、特許法第29条第1項も示しましょう。

「産業上利用することができる発明をした者は、次に掲げる発明を除き、その発明について特許を受けることができる。
  特許出願前に日本国内又は外国においてに公然知られた発明
  特許出願前に日本国内又は外国において公然実施された発明
  特許出願前に日本国内又は外国において頒布された刊行物に記載された発明又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった発明」

この特許法第29条第1号に反するのが「新規性なし」で、第2号に該当するのが「進歩性なし」です。上に挙げた1,2,3が「各号」です。

 だから「刊行物が示される」と書きましたが、出願前に公然と実施されている技術や、ネットで公開されている技術が、刊行物の代用を果たすこともあるわけです。

 なお、刊行物や公然と実施されていた事実を、本発明の発明者が知っていたかどうかは問題になりません。「コレを見て発明したわけではないので特許して」は反論になりませんので、ご注意を。

 また、刊行物として、この拒絶理由通知のように特許庁が発行した公報が示されることが多いですが、一般の技術誌や雑誌の記事が刊行物として示されることもあります。

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mezapat.blog103.fc2.com/tb.php/6-bb9965ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。