FC2ブログ
めざせ!特許で一攫千金
誰も言わなかった?特許書類の書き方
リンクフリーです!

フリーエリア

ブログ内検索

プロフィール

めざ特

Author:めざ特
某大学を卒業後、超有名メーカーに就職。
数年後、某特許事務所に転職。
10年以上、特許明細書、意見書などの作成業務に従事した後、退所。
現在に至る。

当ブログはリンクフリーです。

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高度病1
 「進歩性とは(6)」で高度病について書いた。特許の出願書類には、複雑な用語を使ったり、漢字を多用したり、古風な言い回しをしたりするべきだと考える病気だ。こうしたことをしても、審査上なんら有利にならない。詳しくは「進歩性とは(6)」を読んでいただきたい。

 上場企業の知財にも、この病気に罹患している人がかなりいる。構成要件の名称を複雑にしたがったり、明細書自体を長大にしたがったりする。カーボンナノチューブ(CNT)が学会やマスコミで華々しく紹介された頃、CNTを応用した様々なモノの出願依頼を持ってきた企業がいた。

 仕事をくれるのはありがたいが、上場企業なんだから「完成した発明」を持ってきて欲しい。実験データの代わりに、論文や公開公報をどっさり持ってきて「良きに計らえ」式の依頼をするのはただの迷惑だ。コレにCNTを混ぜると、本当にそんな効果あるの?と聞きたくなるようなシロモノだ。質問すればいいのだが、ややもすると下請けである特許事務所が、お得意先の技術者に「あんな実験をやれ」「この実験データはなっとらん」と言うような状況にもなる。

 特許事務所は、特許などの出願のサポートをする所であって、本来「発明をするところ」ではない。以前、発明のパクリを依頼されたことを書いたが、あれは(他人の発明とはいえ)完成した発明だ。それを私が改良したわけだ。

 特許に要求されるのは高度さではない。目新しさだ。そしてそれにより従来品が持っていた課題を解決することだ。

 毒にも薬にもならないなら高度病もいいかもしれない(不毛な記載や修正を要求される特許事務所は迷惑だが)。しかしコレには弊害もあるのだ。これについては次回。

 上場企業ではなくなると高度病の症状は更にひどくなる。インターネットだから特許になるだろう、携帯電話関連だから特許性はあるだろう等と考え、単なる寄せ集め発明や、パソコンで行なわれていることを携帯電話に移しただけというものも依頼してくる。

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mezapat.blog103.fc2.com/tb.php/65-3265b167
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。