FC2ブログ
めざせ!特許で一攫千金
誰も言わなかった?特許書類の書き方
リンクフリーです!

フリーエリア

ブログ内検索

プロフィール

めざ特

Author:めざ特
某大学を卒業後、超有名メーカーに就職。
数年後、某特許事務所に転職。
10年以上、特許明細書、意見書などの作成業務に従事した後、退所。
現在に至る。

当ブログはリンクフリーです。

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わざと狭く書いたら
 私は「特許請求の範囲」をわざと狭く書いたことがある。本来、これは許されないことだ。「こんな請求の範囲を書くヤツに我が社の書類を作成させるな!」と叱られても仕方ない。ハラハラしながらその書類を送付した。どうなったか。

 答え:請求の範囲に関しては何のお咎めもなし。誤字の訂正のみを求めてきた。


 なぜ知財は、こんな仕事の仕方をするのか?

 当人に尋ねるのが一番だが「なぜ、いつでも訂正できる誤記を出願前に根絶するんですか」とか「もっと請求の範囲を広く書かせることに注力した方がいいのではありませんか」とは聞きにくい。

 だが、上記したような対応を見ていると、その答えが見えてくる。知財は「知的財産を通じて雇い主の利益を図るよりも、特許に詳しくない人から見て、自分達が高度な仕事をしているように見せかけようとしている」という答えが。

 だから誤字の撲滅に熱心だ。その反面、ややもすると手抜きにも見える広大な請求の範囲の作成には消極的だ。請求の範囲を広く書くには発明の本質に迫る必要があり、技術的な知識を要することも珍しくない。一言で言えば「面倒」だ。

 それよりも難解な用語や実験データが並んだ書類を望む。困ったものだ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mezapat.blog103.fc2.com/tb.php/72-bfa16363
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。