FC2ブログ
めざせ!特許で一攫千金
誰も言わなかった?特許書類の書き方
リンクフリーです!

フリーエリア

ブログ内検索

プロフィール

めざ特

Author:めざ特
某大学を卒業後、超有名メーカーに就職。
数年後、某特許事務所に転職。
10年以上、特許明細書、意見書などの作成業務に従事した後、退所。
現在に至る。

当ブログはリンクフリーです。

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大企業は怖くない?
 これまで10回にわたり、大企業の知財の奇妙な勤務について説明してきた。彼らは、雇い主の利益よりも、自分達が難解な仕事をしていることをアピールするのに熱心だということがお分かりいただけたと思う。もちろん、そうでない知財もいるが、私がお世話になった知財の中では少数派だった。
   
 大企業はピントはずれの社内の記載基準を導入し、それにしたがった書き方を特許事務所に要求する。不毛な労力をかけさせるので出願も遅くなりがち。 拒絶理由通知の対策もピンぼけなものが多い(もっとも、これは経営戦略もあるだろうから一部共感できる)。登録に成功しても得られる権利範囲は狭い。「特許は難しい」というコンセンサスがあるが、これは私に言わせれば、大企業の知財が高度病を治療することなく出願することなどにより、わざわざ権利化を難しくしているのだ。
   
 これに対して、中小(零細)企業や個人発明家は、出願を特許事務所に(言葉は悪いが)丸投げにしがちだ。そして特許事務所から送付されてきた書類をろくに読みもせずに出願する。しかしその結果、私が第一部で紹介したような強力な記載の出願書類となる。しかも出願が早い。
   
 こうして中小企業らが獲得した強力な特許に、世界に冠たる大企業が慌てふためくのを私が見たのは一度や二度ではない。
 こんな大企業なら、おそるるに足らず。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mezapat.blog103.fc2.com/tb.php/73-d60e2302
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。