FC2ブログ
めざせ!特許で一攫千金
誰も言わなかった?特許書類の書き方
リンクフリーです!

フリーエリア

ブログ内検索

プロフィール

めざ特

Author:めざ特
某大学を卒業後、超有名メーカーに就職。
数年後、某特許事務所に転職。
10年以上、特許明細書、意見書などの作成業務に従事した後、退所。
現在に至る。

当ブログはリンクフリーです。

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特許事務所
 特許事務所というと、所員が机に向って黙々と書類を作成しているイメージがあるかもしれない。だが、担当者が外出していることが結構ある。なぜかというと、クライアント先へ出向いて、発明の概要などを聞く場合があるからだ。このときに発明品を見せてもらうこともあるし、別件の発明依頼を受けることもある。

 だから、出願依頼済みの発明について相談などをするために突然、特許事務所を訪れても、担当者がいないことがある。そうした場合、仕方が無いので別の所員が相談を聞くことになるが、そうすると発明の概要を一から説明する必要が出てくる。困ったことに東証一部上場企業の知財担当者の中にもアポをとらずに特許事務所に来る人がいる。ひどい場合には、打ち合わせをする場所が空いていないこともある。こんなことをするくらいなら、呼びつけてくれた方がマシだ。

 依頼済みの案件でも、特許事務所を訪れるときは必ずアポイントメントをとるようにしよう。突然こられたら特許事務所が困るし、恐らくクライアントも困ることになる。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mezapat.blog103.fc2.com/tb.php/75-3880d0c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。